冷静沈着な日本が誇るゲームメイカー柴崎岳の凄さを解説

レアルマドリードとバルセロナからゴールを奪った唯一の日本人「柴崎岳」

柴崎選手は若い時から将来を期待され、日本代表の主軸として活躍することをファンは期待していました。

確かにJリーグの鹿島アントラーズに在籍していた6年間ではJリーグ屈指のMFとして活躍していましたが、ファンの期待はそれ以上に大きかったのです。

しかしそんな柴崎選手も2017年現在スペイン1部リーグのヘタフェCFに移籍すると、いきなりバルセロナ相手にスーパーゴールを決めるなどその才能を開花させつつあります。

鹿島アントラーズ在籍時にはクラブワールドカップであのレアルマドリードからも2得点奪っているので、
レアルマドリードとバルセロナから得点を奪った唯一の日本人」なのです。

この記事では、そんな柴崎選手のテクニックやプレービジョンを個人的に解説していきたいと思います。


柴崎岳
1992年5月28日生まれ。175cm64kg。青森県出身。
柴崎岳

テクニック的には日本人らしいテクニカルなタイプのMFでプレー中は誰よりも冷静沈着

柴崎岳選手の特徴としては、「とにかく冷静で判断力に秀でている」ところがよく注目されています

テクニカルな部分は日本人のMFによくいる「巧いMFタイプ」です。
日本人選手で柴崎選手に似ている選手というと「遠藤保仁選手」が挙げられます。

中盤で攻撃を組み立てながらも、ゲーム全体の流れを読み、常に一番良いと思われるプレーを選択することができる。
どこかスペイン系のMFと類似した能力を持っています。

特にそのパスセンスは遠藤選手にも引けを取らないレベルで、パスの質の良さの他にも相手DFがどう動くのか、味方選手の走り出しのタイミングなどを瞬間的に判断しながら精度の高いパスが出せるというところは、日本人でもトップクラスと言えるレベルであると思います。



柴崎岳選手のもう一つの特徴は「味方を追い越す動き」

柴崎選手は攻撃的MFやボランチでプレーすることが多いのですが、自分のポジションよりも前の選手にボールが入った時にその選手を追い越す動きを試合中に何度か見せることがあります。

このプレー、サッカー経験者の方ならわかるかと思うのですが、体力的にもしんどくて精神的にも難しいプレーですよね。

味方を追い越していくわけですから、非常に体力を使うプレーなのです。

もし味方を追い越している間に味方がボールを取られるようなことがあるとそれこそリスキーなので精神的にも難しいプレーなのです。

普通のMFの選手であれば試合の中で1度か2度チャレンジすれば良いと思ってしまうのですが、柴崎選手は味方の選択肢を増やす為に何度もスプリントを行います。

これだけでも凄いのですが、もっと凄いと思うのは「その追い越すプレーで自分が使われなくても良い」と割り切れるところ。

柴崎選手はあくまで「試合に勝つために自分ができる最高のプレー」を常に心がけているところが最高だと思うのです。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

柴崎選手はとてもテクニカルで冷静沈着なゲームメ―カー

味方を追い越す動きで選択肢を増やすその運動量と試合に勝つためのプレーができる

ということがわかりましたね。

来年に迫ったロシアワールドカップでもぜひ日本代表のゲームメーカーとして試合をコントロールしてもらいたいですよね。

ヘタフェのユニフォーム・サッカーグッズはこちら

日本代表のユニフォーム・サッカーグッズはこちら